JRA畜産振興補助事業の一環と致し、国産生ハム普及協会が生産者団体として基準を作り
「Jクラフト生ハム認証」を確立します。

この制度はJクラフト生ハムと認められた製品に対し認証する制度であり、その目的
は他の生ハムと呼称されている製品との差別化を図り、Jクラフト生ハム認証マーク表
示を通じ、高品質で日本独自の個性的なJクラフト生ハムのブランド化を図ると共に、J
クラフト生ハムを柱とした様々な形での地域創生を目指し、Jクラフト生ハム製造の継
続的な持続力保持を目指します。

Jクラフト生ハムはロースやバラ肉に比べて需要が弱い豚もも肉の付加価値を大きく向
上させることが出来ますので、Jクラフト生ハムの普及はダイレクトに国内養豚経営の
安定・活性化・持続化の一翼を担います。

また豚の雑食性を活用し、輸入飼料に頼らない地域の個性的な飼料による豚の飼育が盛
んになり、日本の農業全体の活性化にも寄与します。エコフィードを活用した豚の飼育、
養豚・農業の完全循環型モデルの構築等、様々な問題を解決する糸口ともなりえる可能性
にも繋がります。

更にJクラフト生ハムの普及は、Jクラフト生ハム製造の産業化による地域の新たな雇
用を生み出し、観光資源としての役割も担い、Jクラフト生ハムを柱とした地域創生にも
繋がる可能性も兼ね備えています。

以下マニュアルを掲載致します。
(HACCPの考え方を取り入れた衛生管理マニュアルは当協会Jクラフト正会員のみの
使用と限らせて頂きます)